So-net無料ブログ作成
検索選択

4月11日『世界一受けたい授業』で紹介!レジリエンスってどう鍛えるの? [美容・健康]


このブログは美容健康中心に進んでますが、それは管理人が『健康こそ美容の第一歩!』って思ってるからです。
 
 
体の健康はもちろん、心の健康もついてこないと、不自然なきれいさになったりもするし…。
 
 
まぁ、管理人は心も明るく顔もきれいなローラさんとかにあこがれてるんですw 
 
 
というわけで、4/11『世界一受けたい授業』で紹介されていたレジリエンスってやつを簡単に紹介します^-^
 
 
1.レジリエンス=逆境に負けない力
1.jpg
レジリエンスとは簡単に言えば『逆境に負けない力』です。
 
 
注目され始めたのは1970年代にナチスのホロコーストを生き延びた孤児の研究から。
 
 
同じようにつらい体験をしたはずなのに、トラウマに悩まされるタイプと幸せに生きているタイプがいる。
 
 
これっていったいどーゆーことなの!?ってところから研究が始まったんです。 
 
 
2.レジリエンスの4つの要素
4.jpg
レジリエンスには、『感情のコントロール』『自尊感情』『自己効力感』『楽観性』の4つがあります。 
 
 
このうち『自尊感情』は自分を大切に思う気持ち、『自己効力感』は自分はちゃんとできる・できそうと思う気持ちです。 
 
 
それと5つ目のポイントとして、孤立せずに人間関係を築いていくことも大事なポイント♪
 
 
3.気持ちの共有、過去の体験のプラス面を見る、一喜一憂しない
 2.jpg
レジリエンスを鍛えるための具体的な方法1つ目、気持ちを共有することです。
 
 
レジリエンスに大事な人間関係を築くうえでも、気持ちの共有をすることでもっと深みのある関係が作れるんです。 
 
 
2つ目は、過去の逆境を思い出してそこからプラス面を見ること。
 
 
厳しい状況下でもネガティブな面だけではなくポジティブな面をみられる』というのは、レジリエンスの最大の特徴。 
 
 
逆境を乗り越えた瞬間を思い出してみましょう!(人によってはトラウマ誘発するので注意しつつやってくださいね)
 
 
3つ目は、一喜一憂しないこと。 
 
 
自分にとっての目標があれば、そこにたどり着くまでの小さな上り坂や下り坂に一喜一憂せずに進んでいきましょう^-^ 
 
 
ダメに見えるところにもいいとこがあったり、いいと思えるところにもダメなところがあったりします。
 
 
だったら、いいと思えるものを見ちゃおうよ♪というお話です。
 
 
4.ちょこちょこ食べでレジリエンスを鍛える
3.jpg
食事の面からもレジリエンスは鍛えられます!
 
 
その方法の1つが『ちょこちょこ食べる』ことで、これは脳の栄養源を常に一定に保っておくのに役立つんです。
 
 
あるときには栄養源がたくさんあるのに、あるときにはほとんどない…となると、脳がジェットコースターに乗ってるみたいになって、疲れちゃいます><。
 
 
だから、一気にドカ食いとかしないで、ちょっとずつ食べましょ!ってことです。
 
 
3時間ずつ少量の食事にすると、脳の栄養レベルが一定に保たれますよ♪ちなみにダイエットにも良い方法です。 
 
 
5.厳しい運動でレジリエンスアップ×ダイエット
5.jpg
心と体はつながってるので、体からのレジリエンス対策ももちろん有効!
 
 
食事の他には、 運動でレジリエンスを鍛えることが可能です。
 
 
具体的な方法は『インターバルトレーニング』というもので、全力で走ってちょっと休む→また全力で走ってちょっと休むを繰り返すのが一般的です。 
 
 
負荷が高くてきつい!と感じるこの運動で『自己効力感(自分なら出来るという気持ち)』が高まるんですよ♪
 
 
ちなみに、脂肪燃焼効果も普通の運動より高いので、キュッと引き締まったボディをお望みのあなたにもお勧め。 
 
 
以上、レジリエンスの具体的な方法を紹介しました!
 
 
お役にたてれば幸いです。ほかの記事も是非見ていってくださいね~。
 
 
スポンサードリンク
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。