So-net無料ブログ作成
検索選択

ためしてガッテンでも紹介!グレープフルーツの驚くべき力とは? [美容・健康]


グレープフルーツなら365日食しても大丈夫!って言って毎日食べまくったら美白になったあちゃこです。
 
 
自黒じゃないけど、もともとは普通の肌の色だったのにいつの間にか白く…グレープフルーツはすごい!!
 
 
本日4月8日の『NHKためしてガッテン!』(ガッテン!!ガッテン!!ってやる番組)でも、グレープフルーツが紹介されていましたね。
 
 
では、さっそくグレープフルーツの驚くべき力を見てみましょ♪
 
 
1.グレープフルーツの香りの効果 

11.jpg
 グレープフルーツの香りをかぐと、自律神経のうち『元気』担当の交感神経がUCPという物質を分泌させます。
 
 
で、UCPは脂肪の燃焼を助けてくれるから、グレープフルーツの香りはダイエットにぴったりってことです。
 
 
あと、女子のフェロモンの香りにも似てるので、男性と一緒にグレープフルーツを食べる平均6歳若く見てもらえるんだとか。
 
 
デートの時はグレープフルーツだ! 
 
 
2.美味しいグレープフルーツの見分け方  
12.jpg 
これは諸説ありますが、一番の基本は丸み・重み・ハリツヤです。 

 
丸く整っていて持つとずしって感じがあるものがベスト。


皮のシミはそこまで気にしなくてもOKです。


保存は冷暗所か野菜室で、一応1-2週間持つと言われてますが買ってきて数日で食べた方が美味しいと個人的に思います。  
 
 

3.グレープフルーツジュースでダイエット
13.jpg
巷ではジュースクレンズも流行ってますが、グレープフルーツジュースはダイエットにぴったり。


グレープフルーツのダイエット効果の要因が『ナリンギン』『ヌートカトン』『リモネン』の3つです。


このうちヌートカトンとリモネンは、グレープフルーツの香りでダイエットのとこで紹介したものです。


この香りによって交感神経が刺激されて、体内で脂肪燃焼スイッチがカチッと入るんですね。

 
残りの1つ、『ナリンギン』には免疫力アップ、食欲抑制などの効果があります。
 
 
グレープフルーツジュースと高脂肪食、水と高脂肪食をマウスに与えた実験では、グレープフルーツジュース+高脂肪食で体重減少が確認されました!


でも、低脂肪食マウスは変化がなかったそうなので、まぁ基本はカロリー気を付けて!ってことなんだと思います。


毎食前に2分の1にしたグレープフルーツもしくはコップ1杯分のグレープフルーツジュース(自分で絞るか果汁100%のもの)を飲むクセをつければ最強です。 
 
 
4.グレープフルーツと薬の飲み合わせ
14.jpg 
注意したいのがグレープフルーツと薬の飲み合わせです。


グレープフルーツに含まれる成分が、体の中で薬の成分を代謝する力に影響を与えてしまうんです。


結果的に薬が効き過ぎたり効かなかったり副作用が出たり…ということが考えられます。


というわけで、グレープフルーツと飲み合わせるとあんまりよくない薬をまとめてみました。


高血圧・狭心症の治療薬→コニール、カルブロック、ワソラン、アダラート、ヒポカ、ムノバール、ニバジールなど


免疫抑制薬→ネオラール、プログラフ、サーティカンなど


その他の薬→テグレトール、プレタール、オーラップ、リピトールなど


薬を飲んでる方は、一度お医者さんに聞いてみるのもよいかもしれませんね。


ちなみに、グレープフルーツの影響は24時間くらいは続くと言われているので、薬服用中の方は別のダイエット・健康法を試すのがおすすめ。 
 
 
以上、グレープフルーツの効果と注意点についてまとめてみました♪
 
 
スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。